トラックを手放す瞬間

トラックの維持するためにかかる費用を知ろう

トラックの維持するためにかかる費用を知ろう トラックを長い間使用していくためには、高額な維持費用がかかる点に注意しなければなりません。
トラックの主な維持費用としてまずあげられるのは税金と保険料です。
自動車を所有していくと、毎年必ず自動車税か軽自動車税を納めなければならないほか、車検を受ける度に自動車重量税や自賠責保険料の支払いも必要になります。
基本的に排気量や車両総重量、積載量などが大きい自動車であるトラックは、乗用自動車と比較すると税額や保険料は高くなります。
また、車検の受検間隔は乗用自動車より短くなっており、8トン未満の車両を初めて車検に通す場合を除き、トラックは毎年車検を受けなければなりません。
当然、自動車重量税や自賠責保険料はその都度支払わなければならないので、金銭面の負担は大きくなります。
税金以外にかかる維持費用としては、燃料代をはじめとして、点検整備費、民間の自動車保険の保険料、駐車場の契約料など、様々なものがあります。
貨物車両は長距離輸送のために使っている場合と、地域内の荷物の運送を目的に使っている場合では、燃料代にかなりの差が出てきます。

トラック運転手のための日常的メンテナンス

みなさんの中には、日常的にトラックを運転されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
さまざまな業種に使われる幅広いトラックですが、毎日の安全な走行のためには当然のようにメンテナンスが必要です。
会社で行ってくれている場合もありますが、自分で行うべきメンテナンスもあるため忘れないようにすることが肝心だといえるでしょう。
こうしたメンテナンスの方法はまず勤めている会社に問い合わせをすることでわかったり、マニュアル化されている可能性があります。
入社した時にしっかりマニュアルについても言及して、安全に運転できるようにしておきましょう。
中には長距離運転の時に使用したり、あまり休みがない、という場合でも、メンテナンス不足によって引き起こされるトラブルへの免罪符にはなりません。
ですから、ちょっとでも不調だと感じた場合には即座に会社に連絡をして、適切に整備をしておくことがドライバーに求められているのでした。

check

最終更新日:2016/7/21