トラックを手放す瞬間

トラックの売却はブローカーに任せる

トラックの売却はブローカーに任せる 日本企業によって生産されたトラックで、国内で利用されていた車両は、海外中古車市場にて人気が高く、とくに東南アジアの市場では、日本車というだけで売れるくらい人気が高いです。
海外では、日本の中古トラックは太鼓判付きであるため、走行距離は問題とせず、用途に応じて大きさや機能を選ぶ傾向が見られます。
ただ、国内では年式や走行距離を元に買取が行なわれるため、長距離走行を終えた車両の買取が低く見積もられるケースが多いです。
しかも、トラックの買取には力を入れない買取店も多く、複数社の見積もりを取っても高値がつかいないことがあります。
そこで、トラック専門のブローカーに買取を依頼することです。
ブローカーは流通ルートを多く持ち、一番高く売れる市場へと車を送り込みます。
そのため、売却するオーナーからも高く買えるという仕組みとなります。
また、ブローカーは専門であることから海外市場からの信頼も高く、購入する側も高くても買ってくれるのです。

トラック貿易は利益が不安定

自動車は世界中で製造されていますが、日本国内で完成させて輸出しているものもあります。
トラックは日本で作られる車種の一つです。
需要が高い開発途上国との貿易が盛んで、多くのトラックを輸出しています。
輸出される時の価格は現地の貨幣に置き換えられて支払われるので、為替が違うことにより利益も変動します。
価格設定は非常に難しく、生産コストと輸出する時にかかる運搬費などを考慮して決めています。
為替市場を毎日チェックして価格をその都度変えることはできません。
価格は年度の初めに予想して1年間維持されます。
よってトラックを輸出しても毎年利益が出るとは保証されません。
極端な為替の変動があれば、自動車業界は大きな利益を得るか損害を被るかのどちらかです。
その懸念から日本では製造して貿易に参加する業者が減っています。
また会社が合併や売却などして利益を生み出せない部門を切り離すこともあり、利益を確実に出す方法を探しています。